漫画ネタバレ

うきわ、と風鈴。ー友達以上、不倫未満ー16話ネタバレ!

2021年8月3日発売のビッグコミックスピリッツ35号掲載の「うきわ、と風鈴。ー友達以上、不倫未満ー」についてネタバレをまとめました。

うきわ、と風鈴。-友達以上、不倫未満-実写ドラマは原作漫画と違う結末?

うきわ-友達以上、不倫未満-
うきわ-友達以上、不倫未満-実写ドラマは原作漫画と違う結末?ドラマ「うきわ-友達以上、不倫未満-」が、8/9スタートでテレビ東京から「ドラマプレミア23」として放送されます。 コンセプトが“...

【前回のあらすじ】

牛久の店へと1人で向かった美似子はワインを楽しく飲みすぎてしまい終電ギリギリまで眠ってしまいました。

牛久と一緒に帰路につきながら、帰りたくないと願った美似子はうっかり牛久の服を掴んで「帰りとうない・・・」とつぶやいてしまい!?

うきわ、と風鈴。15話のネタバレはこちら!

うきわ、と風鈴。16話2020年2月下旬頃⑥のネタバレ

牛久と別れてから重い足をなんとか動かして自宅の扉の前までやってきた美似子・・・

扉の前に立ち止まり、美似子はうつむき、そして玄関灯がともっている事に気が付きました。

(栗男さんか・・・)

いつも自分に無関心な栗男ではありますが、さすがに終電ギリギリに帰宅する妻には気遣いの心を芽生えさせたのか玄関の灯り程度はつけていてくれたようです。

(謝らんとね・・・遅くなって・・・はぁ・・・)

自分が悪かったのだと罪悪感を膨らませながらも、どうしても美似子の手はドアノブへとのびません。

鍵をとりだし、ふとスマートフォンを眺めた美似子は、栗男からのLINEの文面をみてさらにうつむきます。

『すみません、寝てました。今から帰ろうと思います』

『は?ふざけんな。』

『無視すんな、はよかえってこい。』

美似子が求める恥さとは程遠い文面でしたが、1人でバルに出向き酔っ払って帰れなくなったのは美似子の責任です。

あんなに楽しかった牛久の店での思い出が、一瞬で塗りつぶされてしまうほどに美似子にとって自宅とは悲惨なものでした。

ドアを開けてしまえば、いつもの日常に逆戻り・・・

結婚指輪をつけた手をきつくにぎりしめ、美似子はもう少しだけ・・・と休息の余韻を楽しまんと扉の前に立ち尽くしていたのですが・・・

そこにやってきたのは、慌てて扉を開けてもどってきた牛久でした!

彼は未だ扉の前に立ち尽くしていた美似子をみて驚きますが、すぐに笑顔を浮かべてくれます。

「いや申し訳ないと思って・・・ワインを飲むようにいったの俺でしたし。置いて帰っちゃったような感じで、心配で・・・」

そういって近づいてきた牛久は、美似子にミネラルウォーターの入ったペットボトルを手渡してくれました。

「水、よかったら・・・」

その瞬間、都会の海でウロウロと迷っていた美似子に救いの浮き輪がなげだされました!

美似子は迷わずその浮き輪に飛びつき、そして笑顔を取り戻します。

ペットボトルを受け取った美似子は「はい!もう大丈夫ですよ!」とニコニコと微笑んで見せました。

次に牛久の店に行くときは、今回みたいに酔いつぶれないようにあまり飲まないようにするからと宣言すると、美似子はようやく家へと入る決心をつけます。

鍵を開けて、一拍置いてから自宅へと戻ると・・・

玄関にはこうこうと灯りがともり、栗男が自分のために電気をつけていてくれたのだということがわかりました。

怖気づきそうになる心を、牛久から渡してもらったうきわを掴むような気持ちで奮い立たせ、なんとか家の中に入った美似子は・・・

待ち疲れたのか、最初から待つ気もなく寝てしまったのか、ぐっすりと眠る栗男の姿をみつけます。

ホッと息を吐きながら、牛久を頼もしいと感じてしまっていることに罪悪感を感じ、美似子はこころの中で栗男に謝るのでした・・・

うきわ、と風鈴。-友達以上、不倫未満-実写ドラマは原作漫画と違う結末?

うきわ-友達以上、不倫未満-
うきわ-友達以上、不倫未満-実写ドラマは原作漫画と違う結末?ドラマ「うきわ-友達以上、不倫未満-」が、8/9スタートでテレビ東京から「ドラマプレミア23」として放送されます。 コンセプトが“...

うきわ、と風鈴。16話2020年2月下旬頃⑥の感想

うーん!だんだんと不倫になりそうな・・・でもこの段階で不倫とはさすがにいえませんね。

とはいえ、もうあとひと押し!という感じではあります・・・2人はどうなってしまうのでしょうか?!

次回のうきわ、と風鈴。17話が掲載されるのはビッグコミックスピリッツ36・37合併号です!

うきわ、と風鈴。17話のネタバレはこちら!

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍