漫画ネタバレ

ウマ娘シンデレラグレイ1話ネタバレ!ウマ娘project新連載

2020年6月11日発売の週刊ヤングジャンプ28号掲載の「ウマ娘シンデレラグレイ」についてネタバレをまとめました。

ウマ娘シンデレラグレイは全巻無料で読めるか?最短最速安全に読む方法のまとめ

https://www.otaden.jp/umasin-muryo/

ウマ娘シンデレラグレイ最新話を無料で読む方法は?

ウマ娘シンデレラグレイ最新話を無料で読むならU-NEXTがオススメです!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ウマ娘シンデレラグレイ最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
ウマ娘シンデレラグレイ最新話を読む

ウマ娘シンデレラグレイ1話のネタバレ

ウマ娘は別世界から来た名馬の名前と魂を受け継ぐ存在である、とヒエログリフとともに説明が始まります。

ウマ娘には特徴的な耳としっぽがあり、そして、彼女たちの未来に何が待ち受けているのかは誰にもわからない・・・

ウマ娘がレースに出馬する未来の姿を見たところでシーンは切り替わります。

舞台は東京都府中市の東京レース場・・・

大勢の観客が興奮するなか、実況がおこなわれていました。

ルナスワローという名前のウマ娘が先陣を切ってレース場を走っています。

彼女を追い抜かして飛び出してきたのが金髪が印象的なゴールドシチー!

そのデッドヒートを見物する謎の3人のウマ娘たち。

「100人に1人のウマ娘がきたわ」とその走りを評価しているようです。

しかし、ビジュアルだけではだめ、剛脚をみせられなければ・・・と訳知り顔で話していました。

その言葉どおり、ゴールドシチーを追い抜いてポニーテールの少女、メリービューティーが飛び出してきます!

実況も盛り上がり「なんという剛脚!」と大絶賛!

バテてきたのかゴールドシチーが苦しそうにするなか、メリービューティは一気に6バ身も差をつけてしまいました・・・

その様子をスマートフォンで眺め、ガッツポーズをとる男がいました。

彼の名前は「北原穣(きたはらじょう)」トレーナーをやっています。

柴崎という男性に嬉しそうにスマートフォンの画面を見せ、6バ身も差がついたぞ!と大はしゃぎ。

しかし、柴崎はといえば呆れた顔で目の前のレースに集中するように北原にいいます。

北原はその言葉に、いや・・・と消極的な態度・・・

なぜなら、彼らがいるカサマツレース場には熱狂する観客はほぼ0!

出場するウマ娘たちの真剣さも0!という有り様だったからなのです・・・

目の前の状況に2人は言葉を失い、そのままカサマツレース場から帰路につこうとしていました。

黙り込んだままの北原に、柴崎は仕方がないとつぶやきます。

ここは中央とは違って、地方だから仕方がないのだと。

その言葉に北原は、スターがいないのがよくないとつぶやきます。

「自分と重ね合わせて応援できるようなスターがいないからだ」と・・・

そんな2人の後ろから流星のような勢いで1人のウマ娘がかけてきました!

すぐに点のようになってしまうほどの速さに、北原も柴崎もなんだ!?と驚くばかり・・・

場面はかわり、カサマツトレセン学園へ。

この学園は地方で活躍するウマ娘を育てるトレーニングセンター学校で、教室には大勢のウマ娘たちがそろっています。

その中の1人、ベルノライトは憧れの学園生活に目を輝かせていました。

いつかレースに出られるようにトレーニングを頑張るぞ!と意気込んでいます。

しかし、周囲のウマ娘たちを見て、これからの学園生活がどんなものになるのか不安そうな顔に・・・

一癖も二癖もありそうな人たちのなかでうまくやっていけるのか・・・

悩んでいるベルノライトは、教室に飛び込んできたボロボロのウマ娘を見て、さらにうまくやっていけるか不安に思うのでした。

泥だらけのジャージを着たそのウマ娘は表情をかえずに「間に合った」といいますが、遅刻だよと教師からかえされてしまいました。

制服はないのか?ときかれても、セーフク?と聞き返すほどの貧乏人っぷりに周囲はざわめきます。

ベルノライトの隣が君の席だといわれてしまい、嘘でしょ!とショックを受ける彼女でしたが、なんとかよろしくと微笑みかけました。

しかし、それに対しても飛び込んできたウマ娘は凝視をするばかりで返事すら返そうとしません。

そんな2人をよそに、教師がカサマツトレセン学園について説明をはじめました。

「この学園では競争ウマ娘を目指してもらう」

この言葉にベルノライトは目を輝かせますが、教師の説明する進路には最も出たかった「中央(セントラル)」の名前が出てきません。

思わず「中央(セントラル)は・・・?」と聞くも、レベルが違うのだから気にする必要がない、といわれてしまいます。

ショックを受けそうになるベルノライトでしたが、横から「楽しみだ」というこえが聞こえました。

隣を見れば、先ほどのウマ娘がそう寝言を言っていたのです。

説明会もおわり、食堂にやってきたベルノライトは友達ができずに1人ぽつんとしています・・・

どこで食べようかと席を探していると、隣の席に座るあのウマ娘がいました!

悪い娘じゃなさそうだし・・・と隣の席に座ると、笑顔で話しかけます。

食堂の料理がいくらでも食べ放題なのは最高だというベルノライトにウマ娘は無表情でうなずきました。

2つもコロッケとっちゃった!というベルノライトがふとあのウマ娘の皿をみると・・・

そこにはうず高くつまれたコロッケと尋常ではない量のごはんが!

後ろからは食堂のおばちゃんたちの「在庫が!」「足りない!」「だめ!」という悲鳴が聞こえてきます。

さらに、他のウマ娘たちが「あれ全部くうんだ・・・」とヒソヒソ話をしているのまで聞こえてきてしまいました・・・

くじけそうだ・・・と涙を流しているベルノライトをよそに、隣のウマ娘は席をたちどこかへといこうとしてしまいます。

慌てて「私と友達に!」というベルノライトをよそに、彼女は食堂に皿を差し出しおかわりを要求するのでした。

しかし、すぐにシャッターがおろされ「本日終了」の張り紙がされてしまいます。

なぜだ・・・と涙をにじませる彼女にベルノライトは自分のコロッケを分け与えるのでした。

その様子を、意味ありげな表情で3人のウマ娘が見ています・・・

食堂から学生寮へと1人で帰ってきたウマ娘に「泥うさぎ」と声をかける者がいました。

さっき食堂で彼女をみていた3人のウマ娘です。

不良3人にからまれる彼女ですが、特に気にする様子もなくそのまま部屋へと帰ろうとします。

そこにベルノライトが顔を覗かせ、いじめられている!と判断しあわてて止めに入りました!

泥うさぎの同室であるギャル系のウマ娘が「荷物整理が終わらないから今日は部屋じゃなくて物置で寝て」と頼んできます・・・

あまりにひどい提案に怒るベルノライト!

それに対しやんのか?!と交戦体制に入る3人のウマ娘でしたが、泥うさぎの一言で場はしずまりました。

「なにがあったかはしらないけど、ケンカはよくない」

キリッとしたその表情のまま、彼女は気にもとめず物置へと向かうのでした。

物置部屋はゴチャゴチャしていましたが、彼女は「夢の1人部屋」「蛍光灯がついてる!」と感激している様子・・・

夢のような環境に来れたことを感謝し、学園に入れてくれた母にお礼をいいながら眠りにおちるのでした。

夢の中ではまだ泥だらけじゃないジャージを着た彼女の姿があります。

「膝の悪かったあんたが学園にいけるなんてねぇ」と母親は嬉しそうです。

立派なウマ娘になりなさいという言葉を思い出し、涙をこぼす泥うさぎなのでした・・・

翌朝、北原が土手で走りこみを行っています。

彼は「キタハラジョーンズ1着でゴール!」と実況をしながら楽しそうに走っていました。

その様子を準備体操をしていた泥うさぎが見てしまい、見られたことを北原は恥じるのでした・・・

場面はかわり学生はジャージに着替えグラウンドのコースにあつまっています。

「今日はコースを体験してもらいます」

ベルノライトは外からこちらを見ているトレーナー達に気が付き「スカウトかな?」とわくわくした様子です。

そのトレーナー達の中には、先ほどの北原の姿もありました。

知名度の高いウマ娘が注目を集める中、北原は泥うさぎに目を奪われかけ、そしてスターはいないよな、と肩をおとします・・・

レースがスタートすると、次々に足の速いウマ娘がとびだしてきました。

トレーナー達が色めき立つ中、いまいち盛り上がれない北原は、やはり泥うさぎに目が止まるのでした。

柔軟をする泥うさぎは、異様なからだの柔らかさを見せています。

「柔らかすぎないか?」

とつぶやく北原をよそに、泥うさぎはスタート地点に立ちました。

ベルノライトと泥うさぎ、そしてあともう2人はあのイジメてきた3人の中の2人です。

その2人のうちの片割れがこっそり泥うさぎの靴紐をほどいてしまいました!

しかし、スタートの合図が出てしまい、みんなは一斉に走り出してしまいます!

泥うさぎは走ることもなくほどけた靴紐を結び出したので、ベルノライトが「なにしてるの?!」と驚いた様子。

その様子を楽しそうに見ながらどんどん先へと走り抜けるいじめっこ達・・・

もう追いつけないよ・・・と涙めになるベルノライトを、靴紐を結び終えた泥うさぎが風のように走り抜けて行きました。

そして、そのまま弾丸のような勢いでいじめっこ達をも追い越していきます!

北原はその走るフォームに驚いていました。

異様なほどの超前傾姿勢、その原因は異様に柔らかい膝にありました。

北原は「自分と重ね合わせて応援したいスター」を発見した!と大喜びです。

泥うさぎこそ…オグリキャップこそ自分が育てたい、応援したいウマ娘!

「俺と一緒に天下をとろう!」と彼はオグリキャップの手を取りました。

泥うさぎと呼ばれたオグリキャップのシンデレラストーリー、開幕です!

ウマ娘シンデレラグレイは全巻無料で読めるか?最短最速安全に読む方法のまとめ

https://www.otaden.jp/umasin-muryo/

ウマ娘シンデレラグレイ最新話を無料で読むならU-NEXTがオススメです!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ウマ娘シンデレラグレイ最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
ウマ娘シンデレラグレイ最新話を読む

ウマ娘シンデレラグレイ1話感想

泥うさぎと呼ばれ続けた彼女がオグリキャップだったのには驚きました!

伝説の名馬オグリキャップがウマ娘となり、どんな大活躍をしてくれるのか楽しみです!

次回のウマ娘シンデレラグレイ2話が掲載される週間ヤングジャンプ29号は6月18日の発売です!

ウマ娘シンデレラグレイ2話のネタバレはこちら!

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍