漫画ネタバレ

バニシング・ツイン~私の中の君~8話ネタバレ!レイとの別れを決意。

G☆Girlsで連載している「バニシング・ツイン~私の中の君~」8話のネタバレです。

バニシング・ツイン~私の中の君~ 8話ネタバレ

体調を崩した澪は、夢の中で昔のことを思い出していました。

小さい頃に体調が悪くなると、私の好きなリンゴを擦ってくれたり手を握っていてくれたり…。

この時だけは「レイ」の事を一度も口にしなかったことも。

 

澪がソファの上で目を覚ますと、澪の母は澪の手を握りながら眠っていました。

昔と変わらない母の対応にホッとしたのもつかの間、母は澪に出した料理を無理に食べなくてもいいのに…と言ってきます。

出てきた料理が「レイ」の好きなものばかりだったから…と言って、澪は謝りました。

そうね…と返事をする母に、また私じゃなくて「レイ」なの?と傷つく澪。

しかし母はいつもと違い、あの食事は最後の晩餐だったの…「レイ」とお別れしましょうと澪に言ったのです。

レイを大事にしてきた母の思いがけない言葉に、呆然とする澪。

レイばかりを求めすぎていると、目の前の澪を失う事になるかもしれませんよ…と東雲さんに忠告されたそうです。

いつも当たり前に傍にいてくれる澪まで失うのは耐えられないと思った母は、やっとレイとお別れする決意をしたのでした。

その決断に、ポロポロ涙を零す澪。

レイよりも私の事を大事にしようとしてくれる母の意思と、レイと別れる寂しさで心がいっぱいになるのでした。

 

後日、東雲さんの元を訪ねた澪と家族。

東雲さんは、最後にレイに伝えたいことはありますか?と質問します。

流産したレイに会えると思っていなかったから、凄く嬉しかったです…と澪の母は話し始めました。

双子の澪にレイの成長した姿を重ね、もしかしたらこんな風に成長していたのかな…と想像するのが楽しかったこと。

澪とレイを平等に接していたつもりだったけれど、見えない分過剰にレイに接してしまっていたこと。

最後に、あなたの声が聞けたのに「消してくれ」と言わせてしまって…うまく愛せなくてごめんなさいと泣きながら言いました。

澪の母は、澪は「ママ」と呼ぶのにレイは「母さん」と呼んでいることに気づいていたのです。

レイの言う通り、ちゃんと私の事も見てくれていた事に今頃気づくなんて…と涙する澪なのでした。

 

最後のお別れを済ませ、東雲さんは厳かに「始めます。」と言いました…。

バニシング・ツイン~私の中の君 8話感想

澪の中に存在する、生まれなかった双子のレイと家族のお話です。

子ども側にしてみれば、目の前の自分よりレイを大事にされるのは辛いですよね。

親目線だと、無事に産まれてきた澪よりも不憫なレイについつい過剰に接してしまうというのもわかります。

でも最後に、澪の母は今を大事にするために決断をしました。

辛くてもちゃんと子供たちのことを考えている、いいお母さんだなと思いました。

 

 

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍