漫画ネタバレ

脇役の私が妻になりました28話ネタバレ!バチバチの女のバトル開始・・・!

ピッコマ漫画掲載「脇役の私が妻になりました」28話についてネタバレをまとめました。

【前回のあらすじ】

ディランはイベットと買い物を楽しみます。

長時間にわたる買い物にワクワクよりも疲労感が募るディランですが・・・

トータルビューティーサロンへ向かう途中、イベットの顔が曇ります。

そこには作中で悪役だったサブリナ・ヘイワースの姿が・・・!

脇役の私が妻になりました27話ネタバレはこちら

「脇役の私が妻になりました」28話ネタバレ

不愉快な洗礼を受けるかもねとボソっというイベット。

ディランはサブリナのことを思い返します。

セドリックの祖父・アルバートとその妻サブリナ、この二人は物語のカギを握る悪役でした。

セドリックさえいなければ侯爵家の財産も爵位もすべて自分のものになるはずだった彼らは、ヒロイン・アデラインを送り込んでセドリックを破滅させようとするのです。

しかしアデラインはすでにセドリックを愛していたため、その策略は失敗に終わるのでした。

彼らが次に手駒として利用したのは・・・そう、ディランだったのです!!

事が上手く進まず苛立った彼らはアデラインを貶めようとディランを洗脳します。

アデラインさえいなければセドリックは自分のもの、と洗脳されたディランは刃物でアデラインを脅し、その結果アデラインは階段から落ちて意識不明、ディランは殺人未遂の罪に問われ精神病院へ監禁されてしまうのでした。

小説の内容にゾッとしたディランはなんとかしないとと思います・・・!

その時サブリナがイベットに気づきましたが、サブリナは挨拶をしません。(上流階級では位の下の者から先に挨拶をするのがマナー)

ここはサブリナから挨拶をするべきところでしたが・・・それをみていた娘のセシリアが代わりにイベットに挨拶をするのでした。

するとサブリナが口を開き、「ごきげんよう、レディーダイヤモンド?」と言います。

この呼称はイベットの芸名で安っぽいゴシップ誌くらいでしか使われるものもないものでした。

これは“しょせんただの女優あがりで一族の一員としても貴族としても認めない”という意味・・・!

表面では笑顔で返すイベットですが、2人はバチバチに争っているのでした・・・!

そのうちにターゲットをディランに変えてくるサブリナですが、イベットが心配するよりもはるかに戦闘態勢で返答に望むディランを見てワクワクの止まらないイベット・・・!

そんなディランをみてイベットは連れてきてよかった!とにんまりするのでした。

その後もディランの結婚についての意地悪は続きますが、ロマンチックな話をして運命的な結婚をしたと話すディランに横やりを入れてきたのは・・・

「セドリックとは長いお付き合いですけどそんなことができるだなんて・・・一度たりとも思ったことないのですけどね」と冷たい目で言うセシリアが・・・!

「脇役の私が妻になりました」28話ネタバレ感想

いやーセシリア怖いですねー笑

そしてサブリナってすごく嫌な人物ですねー!

2人ともギャフンと言わせてほしいですよね!

ディラン頑張ってー!

脇役の私が妻になりました29話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍