漫画ネタバレ

ヤバい女に恋した僕の結末103話ネタバレ!自首覚悟、その結果!?

2020年6月26日発売の週刊漫画TIMES 6/26号 掲載の「ヤバい女に恋した僕の結末」についてネタバレをまとめました。

ヤバい女に恋した僕の結末の最新話を無料で読む方法は?

ヤバい女に恋した僕の結末の最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ヤバい女に恋した僕の結末の最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
ヤバい女に恋した僕の結末の最新話を読む

ヤバい女に恋した僕の結末を最終回まで全巻全話ネタバレまとめと無料で読む方法はこちら

【前回のあらすじ】

叶奏のお腹に宿る命は、明楽の子で間違いないはずなのですが

頑なにマモルの子であると言ってきかない叶奏。

母親としてもっと強くなるから自首はしない!

と泣いて説得しようとする叶奏の表情は狂気に満ちています・・・。

「ヤバい女に恋した僕の結末102話(前話)のネタバレはこちら」

ヤバい女に恋した僕の結末103話ネタバレ

マモルは自分の飼っているモルモットをゲージから出して可愛がっています。

思い返い返せば、ゲージの中から出ることもなくずっと生活していたモルモットのチョロ。

そんなチョロのゲージと、これから待ち受けるであろう刑務所を思わず重ねるマモル。

それと同時に、叶奏に言われた「絶対に自主なんてしちゃダメよ!!」という言葉を

思い出しています・・・。

 

叶奏が妊娠したという報告を持ち帰ってきたのは、つい昨日のこと。

叶奏の気迫に押されまくっていたマモル。

「私を愛しているんでしょ!?だったら・・・この子のことも愛せるに決まってる!」

という言葉は、叶奏の身勝手さを象徴するかのような言葉でした。

そして狂気的で凶暴な態度を一変させて

「この子が力をくれるから!私たち2人を守ってくれるから!」という甘い囁きや、

「この子と3人で頑張ろうね!幸せになろうね!」という言葉も

これまで何度もこのようにすることで叶奏はマモルをコントロールしようとしてきました。

でも最後は「だから私と赤ちゃんを・・・絶対に裏切らないでね!」と、

また恐ろしい表情で迫る叶奏のことを思い出して、心底ゾッとするマモルです。

 

そんなことを考えていると、携帯には叶奏からのメッセージが。

ご機嫌な様子で、赤ちゃんとの未来を想像させるような内容です。

しかしその後すぐに追って「もう・・・ヘンなことするとか・・・考えてない?大丈夫?」と来て

思わずマモルの心臓が震えます。

ここで言うヘンな事とはもちろん自首のことを指します。

マモルは一旦叶奏を落ち着かせるために、大丈夫だよとメッセージを送り返しますが・・・

マモルは疲れきったような、途方にくれたような顔をしています。

今日という日はもともと2人で決めていた自首をする日。

叶奏はマモルを置いて逃げようとしていた所、妊娠が発覚して戻ってきた訳ですが

叶奏が逃げたと知った間も、マモルは自分の中で自首すると決めていました。

しかしもはや全く自首する気のない叶奏に何を言っても無駄。

かといって自分が自首をしないのは、良心が許しません。

そこで、やはり自分だけでもこれから出頭する!と最後の準備に取り掛かるのでした。

 

自首を目前として思い出すのは美波の優しい笑顔。

美波に向けては、モルモットのチョロを預かってもらうようにお願いする手紙を残します。

一方的で罪悪感を感じるマモルですが、美波に会うと辛くなるのもわかっているので

この方法がベストです。

そしてお世話になっている出版社の担当には、叶奏をモチーフとした小説

「悪女の君と逃げられない僕 セカンドーシーズン」の完成版を提出します。

しかし予想外にもファーストシーズンの売り上げは順調に伸び続けており、

担当からは褒めの言葉をもらいます。

その言葉を受け取り何とも言えない気持ちになるマモル・・・。

思わず涙ぐみながらマモルも感謝の気持ちを伝えます。

それに驚いた担当は「何!?これで最後みたいな言い方しないでよ」と言うのですが、

マモルはつい無言になってしまいます・・・。かつては嫌な担当だったはずが、

今ではマモルの恩人になっており、マモルの才能を認めていると言います・・・

それを聞くと心が揺れ動くマモルです。

 

帰り道、自分のしてしまった過ちにより、いろんな人の想いや期待、未来までもを

台無しにしてしまったと静かに涙を流すマモル・・・。

自分のしてしまった事は全て自分と関わった人に返ってしまうと考えると、

本当に心が痛みます。そして、罪をしっかり償わなければ!と自分を奮い立たせます。

さらに美波の職場を通り過ぎ、笑顔で接客する様子の美波を遠目で見つめ

自分の罪や叶奏との関係性を告白できなかったことに罪悪感を感じるのでした。

もし自分が打ち明けてしまったら、かつて妹と兄のように親しかった

あの穏やかであたたかな思い出が全て壊れてしまうような気がするからです。

「最初から素直にお前1人だけを見ていれば・・・こんな事にはならなかったのに・・・!」と悔やんでも悔やみきれません。

 

涙を流しながら、自分の気持ちに整理をつけて・・・いざ、警察署の前へ。

1歩進むごとに心臓がバクバク。しかしいざ扉を前にすると

せめて後1晩だけ・・・!という気持ちになってしまいます。

でも同時に、先延ばしにするとその分頭と心がおかしくなるだけなのを本人もよく理解しています。

だから・・・ついに!今日!!!そう思ってまた1歩足を進めると・・・

「どこへ行くの?ねぇパパ」と肩を叩く叶奏がいるのでした・・・。

 

ヤバい女に恋した僕の結末の最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ヤバい女に恋した僕の結末の最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
ヤバい女に恋した僕の結末の最新話を読む

ヤバい女に恋した僕の結末を最終回まで全巻全話ネタバレまとめと無料で読む方法はこちら

ヤバい女に恋した僕の結末103話感想

やはり!!!!!簡単に自首はさせてくれないのですね!(泣)

なんとなく予想はしていましたが、叶奏本当にホラー・・・!

次回どんな2人のやりとりが繰り広げられるのでしょうか!?楽しみです!

ヤバい女に恋した僕の結末104話ネタバレはこちら

 

 

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍