漫画ネタバレ

ヤバい女に恋した僕の結末121話ネタバレ!美波、叶奏の懐へ入り込む!?

2020年12月4日発売の週刊漫画TIMES 12/4号 掲載の「ヤバい女に恋した僕の結末」についてネタバレをまとめました。

ヤバい女に恋した僕の結末を最終回まで全巻全話ネタバレまとめと無料で読む方法はこちら

ヤバい女に恋した僕の結末を無料で読む方法は?

ヤバい女に恋した僕の結末の最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ヤバい女に恋した僕の結末の最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
ヤバい女に恋した僕の結末の最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

【前回のあらすじ】

叶奏に明楽の事を伝えると激怒され、パソコンを壊された挙句、アパートを

追い出されてしまったマモル。しかしそこで同時に、お腹の子供が明楽との間の子供でないとの

叶奏の発言も飛び出し、マモルは自分の小説のアイディアは赤ちゃんから

もらっていたと思ったのを馬鹿らしいとも思うようになっていました。

しかもマモルとはSEXしない宣言もバカにされている感じで腹が立ちます。

しかし考えれば考えるほど、これは嫉妬なのか?それとも怒りなのか?

本当にどこまで叶奏という存在はマモルを惑わすのか・・・?!叶奏からは一切連絡もなく

マモルのモヤモヤは募るばかり。

一方、冷静になった叶奏はマモルに嫌われたらどうしようと1人涙します。

そして次に浮かんでくるのは明楽のこと。明楽のことさえなければ、

マモルに自分が他の男と寝たなんて話を打ち明けずに済んだと責任転嫁します。

もしお腹の子供が本当に明楽の子だったとしても絶対にヨリを戻さない!と強く誓った叶奏は

美波の元へ行き「実はね、私とマモルくんの赤ちゃんが出来たの!」と

一方的に宣言する事で、マモルとの間に子供ができたという事実固めをしようとします・・・!

ヤバい女に恋した僕の結末120話ネタバレはこちら

ヤバい女に恋した僕の結末121話ネタバレ

突然美波の前に現れた叶奏。ですが美波はすでに、叶奏が自分を殺そうとしていた事を知っています。

叶奏をみてとっさに逃げるようにその場を離れようとする美波。しかし、赤ちゃんができたと宣言され思わず振り返ります。

そして追い討ちをかけるように「9周目なの」と不敵な笑みを浮かべる叶奏です・・・。

 

その頃、新しいパソコンを購入し心機一転、集中して小説に取り組もうとするマモル。

マモル自身の抱える得体のしれない嫉妬心やモヤモヤした怒りなど、これら全ての邪念をネタのヒントにしてやるつもりで

パソコンに向かいます。そして、ここから先どうなっていくのか未来を予想しながら最凶最悪の結末を書いてやる!としています。

今まで受けた全ての理不尽や恥辱と後悔、全てを怒りへと変えて、関わってきた人物全てにぶつけるつもりで・・・

しかしその瞬間怒りがピークに達し「みんな死ねばいい!!」と思うと、マモルの頭の中には

明楽が陶器で叶奏の頭を殴り殺すという惨忍なイメージが頭をよぎり、思わず震えてしまいます。

しかし、これが面白いと感じたからシーンが浮かんだに違いないと、どんどんそのイメージを言葉に変えて

小説に落とし込んでいきます。こうしてマモルはいつの間にか「皆・・・破滅してしまえっ!

主人公のタケル、オレ以外は皆っ!!」と、恍惚の表情を浮かべながら執筆するようになっていったのでした・・・。

 

美波と叶奏はというと・・・結局、話の続きが気になる美波は、叶奏とカフェにいます。

が叶奏はなかなか本題には入らず、美波に嫌われたらどーしよってずっと思ってた、や

最後に会った時にマモルを頼むもう会わないって言ったのにまた戻ってきちゃった・・・など余計な話をベラベラと話ます。

美波は震えながらその話を聞いていました。会ったのはその時が最後ではなく、叶奏は美波を追って

殺そうとしてマンションまできた事も美波は全て知っています。そして、マモルには結局その真相は聞き出せなかったものの

その原因はマモル絡みである事も全て勘付いているのです。こうして震えながら叶奏の出方を伺っていると・・・

沈黙の後、口を切ったのは叶奏の方からでした。「寒いの?震えてるけど」と、美波を気遣うフリして

「もう冬だもんね、私も温かくしないと。1人だけの身体じゃないから、ね」とジロリと美波を見つめるのでした。

半信半疑の美波ですが、叶奏はすかさず母子手帳を見せます。そこには父の名前の部分にしっかり「森岡護」の文字が。

そして叶奏は、結婚式や入籍前で驚いたけれど、マモルも喜んでくれていて毎日お腹をさすってくれるのだと話します。

そして2人だけの秘密にしていたけれど、美波も1番喜んでくれるんじゃないかと思って伝えたと白々しく言うのでした。

「大好きなお兄ちゃんに子どもが出来て嬉しいでしょ?祝福してくれるよねぇっ?」と尋ねる叶奏。

ニコニコしながら余裕を見せつける叶奏ですが、その叶奏も心の中では、美波をマモルから何としてでも遠ざけなければと必死です。

今現在、叶奏はマモルと喧嘩中のためここでマモルが美波の元へ行ってしまえば、全ての計画は狂ってしまいます。

マモルは美波を妹分だと言っていたものの・・・叶奏にはその言葉がどうしても信用できませんでしたし、

実際美波がどう思っているかも知りたかったので、試す意味も込めてこうして宣戦布告のように赤ちゃんのことを告白したのです。

美波が少しでも動揺して女の姿を見せたら今度こそ美波を・・・そんな気持ちでいましたが・・・

何と予想に反して美波は明るい笑顔でおめでとうと祝福するのでした・・・!

これにはさすがに叶奏も驚きを隠せません。「い・・・嫌じゃないの?マモル兄を私・・・奪っちゃったんだよっ!」と

本心を探ろうとしますが、美波は「どうして?だってマモル兄は本当に・・・ただのアニキ分だもん!」と言うのでした。

本当にマモルを男として見ていないのか?と念押ししますが、それにも動じず、やめてよ気持ち悪い!と言う美波。

すると叶奏は「私たち3人のこと、心から祝福してくれるのね!?」と身を乗り出して美波の手を握ります。

そして泣ながら、美波のことを誤解して勝手に嫌なこと思い込んでいた!と言いながら、

やっぱり美波は私の親友だ!また仲良くしよう!と言うのでした。妊娠して不安なことだらけだから

相談事とか聞いてほしいとすかさず言う叶奏。美波は完全に引いていますが、その場を取り繕うように了承します。

もちろんこれは美波の演技です。妊娠は仮に・・・事実だとしても、お腹の赤ちゃんがマモルの子なはずがないと思っています。

最初は少し戸惑ってしまった見ないですが、なぜか叶奏とこうして一緒にいればいるほど真実味が薄れていくのを感じました。

叶奏とこうしてまた再会するのは怖いことでもありますが、美波は逆にこうして懐に入り込むことで、

マモルを縛り付けているものが何なのか暴こうと考えています。

上機嫌な叶奏を前にして「マモル兄を彼女の毒牙から救ってみせる!!」そう宣言するのでした・・・。

ヤバい女に恋した僕の結末を最終回まで全巻全話ネタバレまとめと無料で読む方法はこちら

ヤバい女に恋した僕の結末の最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ヤバい女に恋した僕の結末の最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
ヤバい女に恋した僕の結末の最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

ヤバい女に恋した僕の結末121話感想

ついに美波が一歩踏み込むことを決意しましたね!そして今回は明楽は登場せずでしたが、

マモルも悪い意味で小説に一歩踏み込みました。ますます目がはなせない展開に!

ヤバい女に恋した僕の結末122話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍