漫画ネタバレ

約束のネバーランド最終話181話ネタバレ!エマがノーマンたちと再会

2020年6月15日発売の週刊少年ジャンプ28号掲載の「約束のネバーランド」についてネタバレをまとめました。

約束のネバーランドを無料で読む方法を徹底調査しました【完結作品】

約束のネバーランドを無料で読む方法を徹底調査しました【完結作品】全20巻で完結した「約束のネバーランド」を無料で読む方法まとめました。 ↓↓「約束のネバーランド」の最終回ネタバレはこちら↓↓ ...

【前回のあらすじ】

約束を結ぶ際にエマが告げられた代償とは、家族であるノーマンやレイたちと二度と会えないというものでした。

そして人間の世界に向かった瞬間、レイたちと離れ離れになったエマは記憶喪失となり、山奥でおじいさんに保護され、そこで暮らし始めました。

一方エマがどこかで生きていると信じて探し続けるレイたちは、着実にエマに近づいていました。

約束のネバーランド180話のネタバレはこちら

約束のネバーランド181話のネタバレ

広い地球からたった一人の人間を捜し出すのは途方もない作業でした。

レイたちは必死にエマを捜しましたが、捜しても捜しても見つからず、手ごたえのない2年が過ぎました。

ロクな手がかり一つも見つからず、ちゃんと人間の世界にいるのかもわからず子供たちは疑心暗鬼になります。

もしかしたら人間の世界にはいても、もう会えない運命で、それが”約束”の”代償”なのではないかという声も上がりますが、ドンはまだ捜し足りないだけだと否定しました。

するとギルダが鬼の世界のように、人間の世界にも入ってはいない禁制区域があるのではないかと言い始めます。

そのヒントを受けたノーマンは、戦争や災害で消滅した国や地域、2049年現在ではもう存在が消えて人も住んでいないはずの場所があると気づきます。

子供たちは何度捜して何度会えなくても、たとえ”代償”がなにで、本当にもう会えない運命だとしても、その運命を覆して抗うのだと強い意志を持ってエマを捜し続けました。

 

そしてある街にエマを捜してやってきたレイ、ギルダ、フィルの3人。

ここでもエマの手掛かりは見つからず、別の場所にいるノーマンからもダメだったと報告を受けます。

バスの時間も迫っていたため、また出直そうというギルダ。

レイも諦めてノーマンたちと合流し、次を捜そうと話します。

しかしこの街にはエマが来ていました。

それでもレイたちは人ごみの中でエマを見つけることはできず、すれ違ってしまいます。

そんな中、レイのリュックを誰かがつかみ(レイこっち)と何者かが呼びかけました。

その声を聞いたレイは「先に行け!」とギルダたちに告げて、慌てて駆け出します。

レイはエマがここにいると感じ、街の中を走りました。

しかしまたしてもすれ違ってしまい、気のせいかと頭を抱えるレイ。

 

一方おじいさんと店に買い物に来ているエマは、ペンダントがないことに気づき、外へと走り出します。

そして地面に落ちているペンタントを見つけて拾うエマ。

顔を上げた瞬間、そこにはレイやノーマンなど子供たちの姿がありました。

ようやくエマを見つけて喜び、抱き着く子供たち。

しかし記憶喪失のエマは「みなさんどなたですか・・・?」と、困惑した様子で聞きました。

その言葉を聞いた子供たちは絶句し、首に数字がないのでエマじゃないんじゃないかと疑いますが、レイはこいつはエマだと断言し、記憶ないんだろうと話します。

そしてエマが家族を奪われ引き離され、記憶や家族につながるすべてを取られたのだと気づきました。

 

○○(鬼の頂点)は約束を結ぶ際、エマが望む未来は家族と笑って過ごすことなのに条件を飲むのかと確認しました。

するとエマはこれは犠牲ではなく、ケジメなのだと言います。

それは鬼を殺したくない、誰も失いたくないという甘っちょろいわがままを通させてもらうための、エマなりのケジメでした。

家族と一緒にいたいのは山々でしたが、これで全員人間の世界へ行くことでき、これまで繰り返してきた悲劇を完全に断ち切ることできるのです。

この先もずっと未来までみんなが笑顔で暮らすことができるようになるため、エマは最高の未来をありがとうと、○○に笑顔で伝えました。

 

ドンは涙を流しながらエマにふざけるなと言います。

確かに同じ世界に生きていましたが、エマ一人が充分に奪われてしまっていると辛そうなドン。

ギルダたちは覚えてないのかとエマに縋り付きますが、エマは怖がってギルダたちを突き飛ばしました。

子供たちはエマが記憶をなくしてしまったことにショックを受け、涙を流します。

しかしノーマンは「よかった」と笑顔で涙を流していました。

記憶がなくてもエマが生きたこと、ちゃんとご飯を食べたこと、健康で幸せそうだったこと、こうして会えたことに安堵していたのです。

そしてノーマンはあれから全員が学校に通い、シスロたちや自分も体調がよくなったことをエマに伝えます。

人間世界の技術とアダムの特殊遺伝子から薬を作って副作用を抑えることができたらしく、その薬で最底辺量産農園から来た子供たちも、今は呼吸器無しで歩けるようにまでなったのだとか。

さらにマイク・ラートリーは中立的な人で、ノーマンたちの後見として色々と手を貸してくれているようです。

それから明るい未来にしていけるようにみんな頑張っていて、人間の世界に来られて本当に良かったと話し、エマが願った通り、エマの選択の結果は最高だったとノーマンはエマの手を握りながら語りかけます。

全部君がくれた、君が君の記憶と引き替えに。

ノーマンはそう言いつつも、エマと笑って一緒にいたかったと泣き崩れました。

エマはノーマンのことも子供たちのことも何も思い出せませんでした。

それでもなぜだか、ずっと会いたかった気がするとエマの目からとめどなく涙が溢れてきました。

するとレイたちも、ずっとずっと会いたかったと泣きながら笑顔で答えます。

そして忘れてしまっても思い出せなくてもいいから、もう一度一緒に生きようとノーマンとレイはエマの手を握ります。

そんな彼らの言葉にエマは笑顔で頷くのでした。

 

約束のネバーランドを無料で読む方法を徹底調査しました【完結作品】

約束のネバーランドを無料で読む方法を徹底調査しました【完結作品】全20巻で完結した「約束のネバーランド」を無料で読む方法まとめました。 ↓↓「約束のネバーランド」の最終回ネタバレはこちら↓↓ ...

約束のネバーランド181話の感想

ついに最終回を迎えてしまいましたね。

エマの記憶が戻らなかったのはとても切なく悲しい展開でしたが、また新たな絆が生まれるだろうと思います。

個人的には最初から最後まで面白くて、久々にハマることが出来た漫画でした。

終わってしまったのは寂しいですが、次回作に期待したいと思います!

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍