漫画ネタバレ

弱虫ペダル651話ネタバレ!坂道が川田に追いつく!?

2021年8月19日発売の週刊少年チャンピオン38号掲載の「弱虫ペダル」のネタバレについてまとめました。

弱虫ペダルを無料で読みたいあなたが必見の方法とは?

弱虫ペダル最新刊74巻を無料で読みたいあなたが必見の方法とは?2021年9月に発売する週刊少年チャンピオンで連載中の「弱虫ペダル」最新刊74巻を無料で読む方法をまとめました。 弱虫ペダルを無料...

弱虫ペダルを全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ

弱虫ペダル
弱虫ペダルを全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ週刊少年チャンピオンで連載中の「弱虫ペダル」を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査をまとめました。 弱虫ペダルを配信して...

【前回のあらすじ】

急な下り坂での危機を乗り越えた坂道ですが、川田はゴールまで残り2.5キロと迫り、勝利を確信していました。

そんな川田の前に今泉と鳴子が現れました。

弱虫ペダル650話ネタバレはこちら

弱虫ペダル651話ネタバレ

勝ちを確信した川田の前に今泉と鳴子が現れ、坂道が勝つところを見に来たと告げました。

そんな彼らの言葉に動揺した川田は、俺の勝ちをめちゃくちゃにする気かよ!!と叫びます。

しかしテニスのコートではいつも一人で、自分が乱れたら終わりだったことを思い出した川田は、一旦冷静になって状況を頭の中で整理し始めます。

先ほど川田が邪魔しに来たのかと叫んだ時、今泉は「いや」と否定し「見に来たんだ」と言いました。

突然の登場に川田はビビって慌ててしまいましたが、彼らは邪魔しに来たのではなく見に来ただけなのです。

そのため川田は試合は続行できる、問題ないと笑みを浮かべます。

そして川田が、2人揃って俺と小野田の勝負をこんな山奥まで見学に来ただけかよ!と叫ぶと、今泉と鳴子はそうだと答えました。

川田はそれなら歓迎だと笑いながら、ゴールまで一気に加速していきます。

そんな彼を後ろから追いかける今泉たち。

そして川田は坂道が勝つところを見に来たという彼らに対し、願望は分かるがそれは9割無理だと余裕の笑みを浮かべます。

さらに坂道が劣勢だからと言って下がって手助けに行こうなんて思うなという川田ですが、今泉と鳴子は話に夢中になり、いつの間にか彼を抜き去ってしまいました。

それに気づいた今泉と鳴子は謝りつつ、スッと下がって再び川田の後ろにつきます。

川田は悔しそうですが、彼らがすごいのは最初から分かっていたため、インターハイに出たらその勢いで俺のことも引っ張ってくれよと笑いながら言います。

坂道の時みたいに、自分もゴールまで連れて行ってくれという川田。

彼はインターハイ初心者の坂道が優勝したことがおかしいと思っていたらしく、今泉と鳴子が坂道を最後連れて行ったのだと考えたようです。

それを聞いた今泉は、確かに2回とも自分が最後に背中を押したと認めます。

しかし今泉は川田がインターハイに出て3日間闘い、最終日にあの位置にまで残るためには、自分に背中を押されて総北のゴールを任されるためには、全身の骨が砕けるまで練習を繰り返さないと絶対に無理だと言い放ちました。

そんな彼の圧に圧倒される川田。

それを聞いた鳴子はニヤッと笑みを浮かべます。

すると川田はまだ坂道が勝つと思っている彼らに、坂道が遅れている理由は6本の水の入ったリュックを背負っていて、今体重が12㎏重くなった状態だからだと伝えました。

これはヤツと俺とのハンデ戦だ、あいつは100%来ねぇ!と勝ち誇ったように言い放つ川田。

そして川田はゴールまで残り1㎞の地点になり、再び加速します。

彼は勝ちはほぼ自分の手中に収まっていると考えていました。

これまで何度も負けてきたものの杉元に勝ち、風向きを強引にこちらに引き寄せたため、最大の追い風が自分に吹いていると考える川田。

俺のゴールの瞬間を見届けてくれ!と叫びます。

一方今泉と鳴子は、坂道が12㎏のリュックを背負っていることを聞き、苦労して1回くらいは転んでいるだろうと察します。

さらに鳴子は、ハンデ戦は普通強い側が用意するものじゃないのかと疑問を浮かべ、今泉は坂道が変な奴に絡まれて大変だと同情しました。

しかし1㎞もあれば、あいつが追い付くには十分な距離だという今泉。

その話を聞いた川田は、冗談よせよ!と驚きます。

俺はあいつの登りの最大の武器である軽さを封じたんだという川田ですが、今泉は小野田が登れる理由が軽さだけだと思っているのか!?と問いかけます。

今泉は坂道には困難に直面した時、それを克服しようともがく力があり、あらゆることを真剣に考えてトライし、エラーし、真っすぐに目標に向かって進もうとする力があるのだと告げます。

さらに鳴子も川田に、ゆっくり話していていいのか、本気で勝つならそろそろ踏んだ方がいいと言いました。

そんな彼らの言葉に、オドシかよ!と返す川田。

すると鳴子は、この後ろからのプレッシャーを感じないかと川田に問いかけました。

大差を覆した坂道は、もうすぐそこまで迫ってきていました。

弱虫ペダルを無料で読みたいあなたが必見の方法とは?

弱虫ペダル最新刊74巻を無料で読みたいあなたが必見の方法とは?2021年9月に発売する週刊少年チャンピオンで連載中の「弱虫ペダル」最新刊74巻を無料で読む方法をまとめました。 弱虫ペダルを無料...

弱虫ペダルを全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ

弱虫ペダル
弱虫ペダルを全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ週刊少年チャンピオンで連載中の「弱虫ペダル」を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査をまとめました。 弱虫ペダルを配信して...

弱虫ペダル651話感想

大差をつけていたので余裕を見せていた川田ですが、坂道がついに追いついてきましたね。

残り1㎞ありますし、リュックを背負って走るコツをつかんだ坂道が優位になりそうです。

次回の弱虫ペダル652話が掲載される週刊少年チャンピオン39号は8月26日に発売されます。

弱虫ペダル652話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍