漫画ネタバレ

弱虫ペダル612話ネタバレ!総北がレース前にピンチ!?

2020年10月22日発売の週刊少年チャンピオン47号掲載の「弱虫ペダル」のネタバレについてまとめました。

弱虫ペダルを無料で読む方法は?

弱虫ペダル最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、弱虫ペダル最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
弱虫ペダル最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

【前回のあらすじ】

世代も代わり、新体制となった総北高校。

秋の大一番「峰ヶ山ヒルクライム」の開催が迫る中、メンバー選びに悩む坂道でしたが、今泉・鳴子・橘の助言から出場する選手を決め、発表します。

そこで段竹が山のエースに選ばれるのでした。

弱虫ペダル611話ネタバレはこちら

弱虫ペダル612話ネタバレ

峰ヶ山ヒルクライムは3人しか入れない枠に定時と段竹が選ばれ、さらに段竹は山のエースに選ばれました。

段竹と定時は戸惑い、呆然としています。

峰ヶ山ヒルクライムといえば秋の県内の一大大会。

とりわけ高校の部では毎年各校3名ずつ出して威信をかけて闘います。

 

段竹は去年そのレースを走った今泉に話を聞いたことがありました。

その時、今泉から坂道と手嶋と3人で走ったと聞き、段竹は圧勝だと思いましたが、そうでもないと今泉が否定したのです。

さらに箱根学園から葦木場が走って2位だったと聞き、驚く段竹。

葦木場といえば背が高く、インターハイでも優勝と山岳賞2回で最多ゼッケン賞をもらっていた人物です。

そんな厳しいレースに自分が選ばれたことが腑に落ちなかった段竹は、坂道に自分たちが選ばれた理由を教えてほしいと聞きました。

すると坂道は「チャレンジだからです!!」と力強く一言だけ言いました。

それを聞いた段竹は妙な説得力に納得してしまいました。

(チャレンジしてきた人の言葉の重みなのか――!!)

そんなことを考えながら、練習を始めた段竹。

すると段竹の元に鏑木がやって、何はともあれよかったじゃないかと声をかけてきました。

いつも自分を引いてくれて、助けてくれてサポートしてくれた段竹にいよいよ陽が当たるのは嬉しいという鏑木。

さらに「す・・・。もと・・・」と何か言葉が出て来ず、考えている様子。

そして鏑木は「素直に!!」と言いました。

どうやら「素直」という言葉が出て来なかったらしく、「もと」と言っていたのは漢字だけ浮かんでいたようです。

段竹はそんな鏑木のことを見つめながら、やっぱり馬鹿か天才かのどっちかで計り知れないと感じました。

すると鏑木はインターハイで坂道が手嶋に言われたという言葉を話してくれたと言います。

後輩は先輩の背中を見て走り、先輩はそれを”見てやる”のだと。

つまり恐らく今回の人選は1年生を入れる必要があったのだという鏑木。

今泉と鳴子の3人で走れば圧勝ですが、1年生に経験させなきゃチームは強くならないと考えたんだろうと言います。

そんな鏑木の言葉に、すごくまともなことをいったと驚く段竹。

それと同時に段竹は鏑木はやっぱり天才なのかもしれないと感じながら彼に感謝し、それが坂道の言っていた「チャレンジ」なのかと気づきます。

段竹もインターハイで坂道たちの活躍を見て心を震わせていました。

練習も全力でやって力をつけている自覚もありました。

「そうだ!これはチャンスだ!」

そう言って段竹は強いまなざしで、前を見据えました。

定時は図体は大きいですが、見た目より登れます。

練習の時、場面によっては鏑木や段竹を抜くこともあるのです。

しかし段竹の唯一の不安は自分でした。

いつも天才鏑木の走りを見て、段竹は普通のやつだと思い知らされていたのです。

 

それから時は経ち、自転車大会の秋の大一番「峰ヶ山ヒルクライム」の日がやってきました。

県内からも県外からも、自転車の脚自慢たちが集まってきています。

中でも注目を集めていたのは高校生の部。

毎年各校の意地とプライドをかけた戦いが繰り広げられます。

スタート地点の峰ヶ町総合運動公園は晴天に恵まれていました。

観客も去年のレース優勝している総北高校に期待して、多くの人々が詰めかけていました。

そして手嶋と青八木もレース会場に姿を現します。

すると2人の姿を見た人々が、「T2だ!」と騒ぎ出しました。

「T2って何?」とこっそり聞く手嶋に、青八木は多分”チーム2人”の略だと答えます。

手嶋は写真撮影などもノリノリで応じ、声をかけられて嬉しそうです。

 

一方その頃、総北のテントでは緊急事態が起こっていました。

実は選手として選ばれている定時が急に熱を出してしまったのです。

照文は定時が受験の時も熱を出していたため、チームを背負うプレッシャーで熱を出したのだと言います。

定時は何とか走るから大丈夫だと立ち上がりますが、次の瞬間、倒れこんでしまいました。

どうやら定時が走るのは無理そうなので、坂道に決断が迫られます。

さらに今泉はもう一つ悪いニュースだと言い、駐車場に箱根学園の車があったと告げます。

リストで調べたら滑り込みで箱根学園の名前があったようです。

「奴ら出るぞ、このレース。今年は2人だ!!」と今泉は話すのでした。

 

弱虫ペダル最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、弱虫ペダル最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
弱虫ペダル最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

弱虫ペダル612話感想

定時の穴は誰が埋めるのでしょうか?

レース前に不安が重なってしまいましたが、どんな展開になるのか楽しみです!

次回の弱虫ペダル613話が掲載される週刊少年チャンピオン48号は10月29日に発売されます。

弱虫ペダル613話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍